〒920-8641

石川県金沢市宝町13-1

Tel 076-265-2333
Fax 076-234-4257

Mail nuclmed@med.kanazawa-u.ac.jp

核医学 innovation

国立大学では数少ない核医学専門講座で、わが国では金沢大学に初めて1973年に開講され、以後40年以上にわたって、広範囲の専門的核医学研究や核医学診療が行なわれています。大学の組織としては医薬保健研究域医学系・バイオトレーサ診療学、附属病院では核医学診療科として研究や診療が行なわれています。

topイメージ01

2006年10月より絹谷清剛教授が就任し、がん、心臓病、脳疾患、内照射治療、甲状腺診療を含めた、総合的な核医学診療を目指しています。2007年8月からはPET/CTが導入され、2010年7月より、併設の先進医学センターでPET検査が実施されています。

核医学とは?

微量の放射性医薬品(ラジオアイソトープ, Radioisotope)を注射すると(飲む薬もある)、その薬の性質により特異的に病気の部位や臓器に集まるため、その分布をカメラで撮影して診断を行ないます。

主要な疾患である癌、脳、心臓を初め、全身の様々な臓器の働きや病気を調べることができ、安全で副作用の少ない検査がほとんどです。

代表的な対象疾患としては

  • がんの原発や転移の診断:癌によく集まる放射性医薬品を用いますが、PET検査も核医学検査の一つです。
  • 心臓の病気の診断:心筋梗塞や狭心症などの冠動脈疾患、心不全、心筋症など。
  • 脳の病気の診断:認知症や脳血管障害の診断など。
  • 甲状腺の病気の診断と治療:甲状腺機能亢進症(バセドウ病を含む)、甲状腺癌など。バセドウ病の治療にもアイソトープによる内照射治療が行なわれています。
  • 骨の診断:骨転移や骨折、代謝の異常など。
  • 消化器の診断:肝臓や胆道系、消化管出血など。食道シンチ用の解析ソフトを作成・公開しました(Windows PC対応)

核医学治療はがん細胞を選択的に照射する治療です。
甲状腺の放射性ヨウ素によるアイソトープ治療は甲状腺癌の治療に広く用いられています
神経内分泌系腫瘍(褐色細胞腫、神経芽細胞腫など)の I-131-MIBGによる内照射治療や、全身の骨転移(Sr-89, メタストロン注®)や悪性リンパ腫の内照射治療(ゼヴァリン®)に関する治療も実施しています。なお、I-131-MIBGによる内照射治療は、保険適応が認められておりませんので自費診療です。