〒920-8641

石川県金沢市宝町13-1

Tel 076-265-2333
Fax 076-234-4257

Mail nuclmed@med.kanazawa-u.ac.jp

論文・学会発表List of Papers

論文(2008年)

核医学教室関連の論文、著書、発表:2008

Manuscript (English)

  1. Matsuo S, Nakajima K, Horie M, Nakae I, Nishimura T. Prognostic value of normal stress myocardial perfusion imaging in Japanese population: a study based on the J-ACCESS study. Circ J 2008;72:611-617
  2. Nakajima K, Tamaki N, Kuwabara Y, Kawano M, Matsunari I, Taki J, Nishimura S, Yamashina A, Ishida Y, Tomoike H. Prediction of functional recovery after revascularization using quantitative gated myocardial perfusion SPECT: a multi-center cohort study in Japan. Eur J Nucl Med Mol Imaging 2008; 35:2038-48
  3. Nishimura T, Nakajima K, Kusuoka H, Yamashina A, Nishimura S. Prognostic study of risk stratification among Japanese patients with ischemic heart disease using gated myocardial perfusion SPECT: J-ACCESS study. Eur J Nucl Med Mol Imaging 2008; 35: 319-328
  4. Akhter N, Shiba K, Ogawa K, Tsuji S, Kinuya S, Nakajima K, Mori H. A change of in vivo characteristics depending on specific activity of radioiodinated (+)-2-[4-(4-iodophenyl(piperidino)cyclohexanol [(+)-pIV] as a ligand for sigma receptor imaging. Nucl Med Biol 2008;35:29-34
  5. Akhter N, Nakajima K, Okuda K, Matsuo S, Yoneyama T, Taki J, Kinuya S. Regional wall thickening in gated myocardial perfusion SPECT in a Japanese population: Effect of sex, radiotracer, rotation angles and frame rates. Eur J Nucl Med Mol Imaging 2008;35:1608-15
  6. Nakajima K, Nishimura T. Prognostic table for predicting major cardiac events based on J-ACCESS investigation. Ann Nucl Med 2008; 22: 891-897
  7. Matsuo S, Nakajima K, Kinuya S, Sato Y, Matsumoto N, Horie M. Cardiac scintigraphic findings of mitochondrial myopathy, encephalopathy, lactic acidosis and stroke-like epidosis: A case report. Exp Clini Cardiol 2008;13(2),93-95
  8. Kizu H, Takayama T, Tsushima H, Noguchi A, Nakajima K, Onoguchi M, Kinuya S. Localization of metastases from malignant pheochromocytoma in patients undergoing 131I-MIBG therapy with manually fused 123I-MIBG SPECT and CT images. J Nucl Med Technol 2008; 36: 186-8
  9. Kahara T, Nakajima K, Takahashi K, Iwaki N, Michigishi T, Usuda R Accumulations in the salivary gland due to Tc-99m pertechnetate imaging improved after isotope therapy for Graves disease. Internal Medicine 2008; 47:179-80
  10. Nakajima K, Yoshita M, Matsuo S, Taki J, Kinuya S I-123 MIBG sympathetic imaging in Lewy-body diseases and related movement disorders Q J Nucl Med 2008; 52:378-87

Manuscript (和文)

  1. 絹谷清剛、中條政敬、織内 昇、吉永恵一郎、山口敏朗 I-131 MIBG内照射療法ー現状とMIBG内照射療法ガイドライン 褐色細胞腫診療マニュアル、成瀬光栄、平田結喜緒編集、診断と治療社、p80-86
  2. 中嶋憲一、西村恒彦 [特集] 日本から発信する血管病のEBM: J-ACCESS-心電図同期心筋SPECTによる多施設予後調査研究 Vascular Medicine 2008; 4 (3): 253-258
  3. 中嶋憲一、平松孝司 全身性強皮症における食道機能障害:内視鏡にて確認された逆流性食道炎との関連 難治性疾患克服研究事 業強皮症における病因解明と根治的治療法の開発 平成19年度総括・分担研究報告書 p. 178-183, 2008/3
  4. 絹谷清剛、中條政敬、織内 昇、吉永恵一郎 骨転移病巣に対する外照射療法および内照射療法 褐色細胞腫診療マニュアル、成瀬光栄、平田結喜緒編集、診断と治療社、p87
  5. 絹谷清剛 教科書ではよくわからない内用療法 
    • 第2回;甲状腺癌その2ー適応・治療効果・経過観察 臨床核医学2008;41:8-10
    • 第3回;バセドウ病 臨床核医学2008;41:24-27
    • 第4回;MIBG内用療法 臨床核医学2008;41:40-44
    • 第5回;トラブル集など 臨床核医学2008;41:58-61
  6. 松尾信郎、中嶋憲一 Perfect Guide Part 1 各モダリティの有用性  心臓核医学検査の役割と最近の画像技術の進歩 Rad Fan 2008; 6, 46-49
  7. 絹谷清剛、米山達也、萱野大樹、若林大志、稲木杏吏、中村文音、松尾信郎 悪性褐色細胞腫に対する131I-MIBG内照射療法 内分泌外科 2008;25:183-190
  8. 絹谷清剛 新規内照射療法;メタストロンとゼバリン 映像情報Medical 2008;40:996-1000
  9. 絹谷清剛、米山達也、萱野大樹、松尾信郎、若林大志、稲木杏吏、中村文音 悪性褐色細胞腫に対する131I-MIBG内照射療法 Urology View 2008;6:96-100 松尾信郎、中嶋憲一 循環器画像診断 心臓核医学の役割 Cardiac Imaging 2008; 24,146-156
  10. 絹谷清剛、油野民雄 笑顔の見られる核医学-アイソトープ治療 臨床放射線 2008;53:1781-1782 西村恒彦、中嶋憲一、塚本和正 本邦のEBMに基づいた心筋SPECTによる心事故発生確率の推定-Heart Risk Viewソフトウェアの開発- 映像情報Medical, 2008; 40: 430-435
  11. 印刷中
    1. 中嶋憲一.(山科章 編) 心臓核医学による定量値の精度 循環器病検査のグノーティセアウトン、シナジー出版 (印刷中)
    2. 隅屋 寿.(大場 洋編) 小児脳血流 小児脳神経・脊髄・頭頸部の画像診断 (印刷中)

学会・研究会における発表

  1. Nakajima K, Kusuoka H, Nisimura S, Yamashina A, NIshimura T. J-ACCESS multi-center prognostic study with Tc-99m tetrofosmin in Japan: Different impacts of ischemia and ventricular function on hard events and total events. Annual Meeting of the Society of Nuclear Medicine,New Orleans, 2008.6.14-18
  2. Nakajima K, Okuda K, Kawano M, Slomka P, Akhter N, Matsuo S, Taki J, Germano G. Importance of population-specific normal database for quantification of myocardial ischemia: Comparison between Japanese 360°/180° and US databases. Annual Meeting of the Society of Nuclear Medicine, New Orleans, 2008.6.14-18
  3. Matsuo S, Nakajima K, Kinuya S, Horie M, Nakae I, Nishimura T. Prognostic value of normal stress myocardial perfusion imaging in Japanese population: A study based on the J-ACCESS study. Annual Meeting of the Society of Nuclear Medicine, New Orleans, 2008.6.14-18
  4. Okuda K, Nakajima K, Motomura N, Kubota M, Yamaki N, Maeda H, Taki J, Kinuya S. Effect of attenuation correction on normal myocardial perfusion SPECT database using SSPAC method. Annual Meeting of the Society of Nuclear Medicine, New Orleans, 2008.6.14-18
  5. Kawano M, Taki J, Nakajima K, Kinuya S Japanese normal values of cardiac volumes and functional parameters derived from QGS program: A comparison with European population. Annual Meeting of the Society of Nuclear Medicine, New Orleans, 2008.6.14-18
  6. Akhter N, Shiba K, Ogawa K, Tsuji S, Nakajima K, Kinuya S, Mori H. Influence of different metabolic function by the species specificity in the biodistribution of radiolabeled sigma ligand as the tumor seeking agent. Annual Meeting of the Society of Nuclear Medicine,New Orleans, 2008.6.14-18
  7. Taki J, Sumiya H, HIguchi T, Inaki A, Wakabayashi H, Tsuchiya H, Kinuya S. Tc-99m-MIBI imaging at early-course of chemotherapy as well as at final therapy can predict the final therapeutic response in malignant bone and soft tissue tumors. Annual Meeting of the Society of Nuclear Medicine,New Orleans, 2008.6.14-18
  8. 松尾信郎 虚血性心疾患のフィルムリーディング 日本心臓核医学会地域別教育研修会, 金沢市, 2008.2.2
  9. 奥田光一,中嶋憲一,本村信篤,久保田雅博. SSPAC法を使用した減弱補正に関する検討 第49回北陸循環器核医学研究会, 金沢, 2008.2.2
  10. 絹谷清剛. 骨転移性疼痛に対する89Sr metastron 内用療法(アイソトープ治療) 第25回富山県済生会高岡病院教養セミー 富山県済生会高岡病院 2008.2.8
  11. 中嶋憲一. シンポジウム「心臓イメージング」心臓核医学の役割:血流・代謝・機能とEBMの情報を活かす. 第27回日本画像医学会、2008.2.23、東京
  12. 絹谷清剛. 骨転移性疼痛に対する新しいアイソトープ治療ー89Sr metastron 第7回癌と骨病変学術講演会, 金沢, 2008.2.22
  13. Matsuo S, Nakajima K, Horie M, Nakae I, Nishimura T. Prognostic Value of normal stress myocardial perfusion imaging in Japanese population: a study based on the J-ACCESS study. 第72回日本循環器学会学術集会, 福岡, 2008.3.28
  14. 絹谷清剛. 骨転移性疼痛に来する89Sr内用療法の意義 鹿児島臨床核医学研究会 鹿児島 2008.3.28 絹谷清剛 デリバリーPETハンドブック 第一回デリバリーPET連絡協議会, 横浜, 2008.4.5
  15. 中嶋憲一. 心臓核医学による予後評価の意義:J-ACCESS研究を活かす 第15回静岡県循環器核医学研究会, 2008.04.19
  16. 絹谷清剛. RI内用療法(本邦における最近のトピック) 第8回日本核医学会春期大会, 指導者講習セミナー, 東京, 2008.5.9-11
  17. 萱野大樹, 若林大志, 米山達也, 絹谷清剛. High-dose MIBG治療を施行した悪性褐色細胞腫の1例 第43回腫瘍・免疫核医学研究会, 東京, 2008.5.11
  18. 絹谷清剛. 悪性神経内分泌腫瘍の131I-MIBG内用療法 第81回日本内分泌学会学術総会, 青森, 5.16-18
  19. 絹谷清剛. Zevalin! 第69回北陸画像カンファレンス, 金沢, 2008.5.24 絹谷清剛 Zevalin Radioimmunotherapy! 第45回群馬県核医学研究会, 前橋市, 2008.5.31
  20. 奥田光一,中嶋憲一,細谷徹夫,石川丈洋,松原孝祐,松尾信郎,滝淳一,絹谷清剛. 123I-MIBGにおけるH/M比の自動解析方法 第18回日本心臓核医学会学術大会, 三重, 2008.6.27-28 松尾信郎 心不全の病態と予後の評価 第18回日本心臓核医学会総会学術総会, 三重, 2008.6.27-28
  21. 松尾信郎, 中嶋憲一, 絹谷清剛, 堀江稔, 中江一郎, 西村恒彦. 心電図同期負荷心筋SPECTで正常例の予後の検討ーJ-ACCESS研究サブ解析ー 第18回日本心臓核医学会総会学術総会 2008.6.27-28 絹谷清剛 PET:FDGとポストFDG 十全同窓会総会, 金沢, 2008.7.5
  22. 松尾信郎, 中嶋憲一, 滝淳一, 絹谷清剛. 心不全予後予測における心筋脂肪酸代謝評価 日本循環器学会北陸地方会 第116回学術集会, 金沢, 2008.7.6
  23. 松尾信郎. 核医学処理画像の見方- 明日からの臨床に活かす 北陸地区「日本心臓核医学会地域別教育研修会」, 金沢, 2008.7.08
  24. 奥田光一,中嶋憲一,細谷徹夫,石川丈洋,松尾信郎,松原孝祐,河野匡哉,滝淳一,絹谷清剛. 123I-MIBGにおけるH/M比の自動算出に関する検討 第67回日本核医学会中部地方会, 福井 2008.7.12
  25. 中嶋憲一, 松尾信郎, 奥田光一, 絹谷清剛, 西村恒彦. Heart Risk Viewを利用した心事故予後評価のルックアップテーブル化の試み 第67回日本核医学会中部地方会, 福井 2008.7.12
  26. 中嶋憲一, 平松孝司, 若林大志, 稲木杏吏, 中村文音, 絹谷清剛, 長谷川稔, 竹原和彦. 内視鏡的に確認された逆流性食道炎と食道シンチグラフィ所見の関連 第67回日本核医学会中部地方会, 福井 2008.7.12
  27. 萱野大樹、若林大志、米山達也、絹谷清剛. 骨転移性疼痛に対する89Sr内用療法の意義 絹谷清剛 第34回ライラックカンファレンス 札幌, 2008.7.18 絹谷清剛 放射線と放射能の医学利用 金沢大学オープンキャンパス, 金沢, 2008.8.7
  28. 絹谷清剛. 放射線内用療法の現状と安全管理 名古屋第二赤十字病院放射線安全管理講習会, 名古屋, 2008.8.29 絹谷清剛 PET:FDGとポストFDG 十全同窓会福井県支部総会, 勝山市, 2008.8.31
  29. 中嶋 憲一. エビデンスを臨床にどう活かすか?ー99mTc-MIBIによる心筋バイアビリティの評価:国内25施設による多施設共同研究 心臓病学会ランチョンセミナー, 2008.9.8
  30. 中嶋憲一. J-ACCESS研究におけるTotal eventとhard eventの関連 J-ACCESS最終報告会, 東京, 2008.9.9 絹谷清剛 PETとメタストロン 高岡市民病院講演会, 高岡市, 2008.9.16
  31. 絹谷清剛. 腫瘍FDG-PETとpost FDG 富山PETセミナー2008, 富山市, 2008.10.9
  32. 絹谷清剛. Sr-89による転移性骨腫瘍の疼痛緩和療法 第44回日本医学放射線学会秋季臨床大会, 郡山, 2008.10.22-24
  33. 中嶋憲一. 次世代の核医学融合画像がもたらすもの
    SPECT-CT: 核医学イメージングの新時代 第48回日本核医学会学術総会, 千葉, 2008.10.24-26
  34. 中嶋憲一. ワーキンググループ中間報告「心筋SPECT標準(JSNM2007)の作成と臨床的検証」 第48回日本核医学会学術総会, 千葉市幕張メッセ, 2008.10.24-26
  35. 奥田光一、中嶋憲一、松尾信郎、細谷徹夫、石川丈洋、松原孝祐、河野匡哉、瀧 淳一、絹谷清剛. 123I-MIBG定量解析のためのH/M比自動算出ソフトウェア 第48回日本核医学会学術総会, 千葉, 2008.10.24-26
  36. 臼井靖博、近森大志郎、中嶋憲一、肥田 敏、山科 章、西村恒彦. (東京医大 循内、金沢大 核医、京都府立医大放) 負荷心筋SPECT後スタニングの心血管イベント予測能:J-ACCESSサブ解析 第48回日本核医学会学術総会, 千葉, 2008.10.24-26
  37. 中嶋憲一、西村恒彦. J-ACCESSデータベースに基づく心事故予測表Heart Risk Tableの作成 第48回日本核医学会学術総会, 千葉, 2008.10.24-26
  38. 中嶋憲一、松尾信郎、奥田光一、河野匡哉、Akhter Nasima、滝 淳一、絹谷清剛、Slomka Piotr、Germano Guido(金沢大学 核医、金沢循環器病院、Cedars Sinai Medical Center) 日米の標準データベースの違いが心筋SPECTの定量値に与える影響 第48回日本核医学会学術総会, 千葉, 2008.10.24-26
  39. 中嶋憲一(part 1) 松尾信郎 (part 2). 心臓核医学最前線- マルチモダリティ時代における心臓核医学の位置づけ 第48回日本核医学会学術総会, 千葉, 2008.10.24-26
  40. 萱野大樹、若林大志、米山達也、絹谷清剛. 大容量I-131 MIBGによる悪性褐色細胞腫治療の試み 第48回日本核医学会学術総会, 千葉, 2008.10.24-26
  41. 奥田光一、中嶋憲一、松尾信郎、本村信篤、久保田雅博、山木範泰、前田壽登、瀧 淳一、絹谷清剛. SSPAC法により減弱補正された心筋正常データベースの特徴 第48回日本核医学会学術総会, 千葉, 2008.10.24-26
  42. 中嶋憲一, 西村恒彦. J-ACCESSデータベースに基づく心事故予測表Heart Risk Tableの作成 日本核医学会学術総会, 千葉, 2008.10.24-26
  43. 絹谷清剛. 役に立つかな内照射療法 第23回三重総合画像研究会, 津市, 2008.10.31
  44. 萱野大樹、稲木杏吏、絹谷清剛. 神経芽腫に対する大容量I-131 MIBG治療の試み 第44回腫瘍免疫核医学研究会, 大宮, 2008.11.15
  45. 絹谷清剛. 癌医療におけるアイソトープ診療のポテンシャル
    1.PET
    2.アイソトープ内照射療法 第4回がん診療連携病院研修会, 金沢, 2008.11.16
  46. 中嶋憲一. 99mTc-MIBIを用いて心筋バイアビリティを読む:MIBI多施設共同研究報告 第70回北陸核医学カンファレンス, 金沢, 2008.11.29
  47. 萱野大樹. SPECT-CTの心筋への臨床応用 第70回北陸核医学カンファレンス, 金沢, 2008.11.29
  48. 絹谷清剛. 患者さんの「われーじら」見たい方、アイソトープ治療をマジュンやりましょう 第63回沖縄県核医学懇話会, 沖縄, 2008.11.7
  49. 中嶋憲一. 心臓核医学の現状と将来展望:形態情報+機能情報の相乗効果 第21回21世紀カンファレンス, 福岡, 2008.11.22
  50. 絹谷清剛. 内照射療法って何? 治療内容とその放射線管理 日本放射線安全管理学会 第7回学術大会, 金沢, 2008.12.5
  51. 隅屋 寿. SPECT/CTの紹介-骨軟部腫瘍を中心に- 第2回金沢骨軟部腫瘍セミナー, 金沢, 2008.12.13

Ref: 2008 JCR Science Edition- Impact Factor

  • Journal of Nuclear Medicine 6.662
  • European Journal of Nuclear Medicine and Molecular Imaging 4.625
  • Clinical Nuclear Medicine 3.181
  • Annals of Nuclear Medicine 1.099
  • Journal of Nuclear Cardiology 2.442
  • Nuclear Medicine Communications 1.706
  • Quarterly Journal of Nuclear Medicine and Molecular Imaging 2.640