〒920-8641

石川県金沢市宝町13-1

Tel 076-265-2333
Fax 076-234-4257

Mail nuclmed@med.kanazawa-u.ac.jp

論文・学会発表List of Papers

論文(2007年)

核医学教室関連の論文、著書、発表:2007

Manuscript (English)

  1. Kinuya S, Yokoyama K, Fukuoka M, Hiramatsu T, Mori H, Shiba K, Watanabe N, Shuke N, Michigishi T, Tonami N. Intraperitoneal radioimmunotherapy to treat early phase of peritoneal dissemination of human colon cancer cells in a murine model Nucl Med Commun 2007;28:129-133
  2. Kinuya S. Combined radioimmunotherapy with antiangiogenic therapy to treat cancer: validation studies in animal models. New Research on Antiangiogenesis Inhibitors
  3. Kinuya S. Assessment of cancer drug resistance with nuclear medicine images. New research Communications on Cancer Drug Resistance
  4. Ogawa K, Mukai T, Asano D, Kawashima H, Kinuya S, Shiba K, Hashimoto K, Mori H, Saji H. Therapeutic effects for the palliation of metastatic bone pain of a rhenium-186 complex-conjugated bisphosphonate in an animal model. J Nucl Med 2007;48:122-127
  5. Kinuya S. Radioimmunotherapy in adjuvant settings to treat small metastatic lesions: experimental results in a liver metastasis model and a peritoneal dissemination model of colon cancer in mice. Trend Cancer Res 2007; 3: 75-87
  6. Nakajima K, Kusuoka H, Nishimura S, Yamashina A, Nishimura T. Normal limits of ejection fraction and volumes determined by gated SPECT in clinically normal patients without cardiac events: a study based on the J-ACCESS database. Eur J Nucl Med Mol Imaging 2007; 34(7):1088-96
  7. Kinuya S, Yoneyama T, Michigishi T. Airway complication occurring during radioiodine treatment for Graves disease Ann Nucl Med 2007; 21: 367-9
  8. Li Y, Li X-F, Ma Y, Fang N, Russell J, Ma D, Sun X, Han X, Yang H, Kinuya S. Changes in the levels of CD4+ and CD8+ T-lymphocytes after strontium-89 chloride therapy for painful bone metastases in patients correlate with treatment efficacy. Cancer Biother Radiopharm 2007;22:367-372
  9. Nakajima K, Kumita S, Ishida Y, Momose M, Hashimoto J, Morita K, Taki J, Yamashina S, Maruno H, Oawa M, Kubota M, Takahashi M, Odagawa T, Yokozuka K. Creation and characterization of Japanese standards for myocardial perfusion SPECT: Database from Japanese Society of Nuclear Medicine working group activity Ann Nucl Med 2007; 21:505 511
  10. Nakajima K, Matsubara K, Ishikawa T, Motomoura N, Maeda R, Akhter N, Okuda K,Taki J, Kinuya S. Correction of iodine-123-labeled meta-iodobenzylguanidine uptake with multi-window methods for standardization of the heart-to-mediastinum ratio. J Nucl Cardiol 2007;14:843-51
  11. Taki J, Higuchi T, Kawashima A, Tait JF, Muramori A, Matsunari I, Nakajima K, Vanderheyden JL, Strauss HW: 99mTc-Annexin-V uptake in a rat model of variable ischemic severity and reperfusion time. Circ J 2007, 71(7):1141-1146.
  12. Taki J and Matsunari I. Metabolic imaging using SPECT. Eur J Nucl Med Mol Imaging 2007;34: S34-S48
  13. Taki J, Higuchi T, Kawashima A, Fukuoka M, Kayano D, Tait JF, Matsunari I, Nakajima K, Kinuya S, Strauss HW. Effect of postconditioning on myocardial 99mTc-Annexin-V uptake: comparison with Ischemic preconditioning and caspase Inhibitor treatment. J Nucl Med 2007, 48(8):1301-1307
  14. Akhter N, Shiba K, Ogawa K, Kinuya S, Nakajima K, Mori H. In vivo characterization of radioiodinated (+)-2-[4-(4-iodophenyl) piperidino] cyclohexanol as a potential sigma-1 receptor imaging agent. Nucl Med Biol 2007; 34:697-702

Manuscript (和文)

  1. 絹谷清剛 非密封アイソトープによる治療 I.甲状腺癌の放射性ヨード(放射性ヨウ素)131I内用療法 RADIOISOTOPES 2007;56:141-152
  2. 絹谷清剛、萱野大樹、福岡 誠、米山達也、道岸隆敏、利波紀久. 131I-MIBGによる悪性神経内分泌腫瘍の内用療法 臨床放射線 2007;57:855-862
  3. 絹谷清剛 131I-MIBGによるNETの内用療法. BIO Clinica 2007;22:52-57
  4. 隅屋 寿、滝 淳一、絹谷清剛 骨腫瘍診断における核医学検査の役割. 画像診断 2007; 27(8):947-957
  5. 絹谷清剛 悪性腫瘍内照射療法の治療効果増強に関する考察. 十全医学会雑誌 2207;116:66-67
  6. 中嶋憲一 心臓核医学ガイドラインにおける心不全. 臨床放射線2007; 1619-1622
  7. 滝 淳一、中嶋憲一、絹谷清剛 循環器SPECTの最新トピックス. 映像情報Medical 2007;39(11): 991-995

学会・研究会における発表

  1. Nakajima K, Kawano M, Hasegawa M, Hiramatsu T, Taki J, Fujimoto M, Takehara K. Gated myocardial perfusion single-photon emission computed tomography (SPECT) and sympathetic MIBG imaging can detect asymptomatic early myocardial damages in systemic sclerosis. Professor E. Carwile LeRoy Memorial International Workshop on Scleroderma. Tokyo, May 18-20, 2007 2007.5.19
  2. Taki J, Higuchi T, Kawashima A, Matsunari I, Nakajima K, Vanderheyden JL, Tait JF, Strauss HW. Postconditioning attenuates myocardial Tc-99m-annexin-V uptake in rats with ischaemia and reperfusion: comparison with ischemic preconditioning and caspase inhibitor treatment 8th International Conference of Nuclear Cardiology Prague, Czech Republic, 2007.4.29 - 5.2 2007.5.2
  3. Akhter N, Nakajima K, Okuda K, Yoneyama T, Taki J, Michigishi T, Kinuya S. Regional wall thickening in gated myocardial perfusion SPECT: effect of gender, radiotracer and frame rates. Annual Meeting of the Japanese Society of Nuclear Medicine. Sendai 2007.11.4-6 2007.11.4
  4. Taki J, Higuchi T, Kawano M, Tsuchiya H, Kinuya S. Prediction of the therapeutic response using Tc-99m-MIBI in malignant bone and soft tisuue tumors during early course of chemotherapy 54th Society of Nuclear Medicine Annual Meeting Washington DC, 2007.6. 2-6 2007.6.5
  5. Michigishi T, Yokoyama K, Kawano M, Taki J, Nakajima K, Kinuya S. The utility of 18F-FDG-PET in patients with papillary thyroid microcancer. 54th Society of Nuclear Medicine Annual Meeting Washington DC, 2007.6. 2-6 2007.6.5
  6. 絹谷清剛. わが国のMIBG治療の現状 内分泌代謝シンポジウム. 悪性褐色細胞腫の診断と治療. 現状と今後の課題. 東京 2007.1.20 2007.1.20
  7. 中嶋憲一、平松孝司、河野匡哉、長谷川稔、藤本 学、竹原和彦. 全身性強皮症患者における心臓の拡張障害と交感神経障害の関連 厚生労働省「強皮症における病因解明と根治的治療法の開発」研究班2006年度班会議・第10回強皮症研究会議 東京、2007.1.13 2007.1.13
  8. 絹谷清剛. パネルディスカッション:何をどうすべきか. 内分泌代謝シンポジウム 悪性褐色細胞腫の診断と治療 現状と今後の課題 東京 2007.1.20 2007.1.20
  9. 中嶋憲一、奥田光一、Nasima Akhter、瀧 淳一、絹谷清剛 松原孝祐、本村信篤、石川丈洋、前田 遼 . 複数エネルギーウィンドウ法によるI-123核種心集積の補正. 日本核医学会中部地方会 名古屋 2007.2.24 2007.2.24
  10. 中嶋憲一. 心筋血流のスコアリングと心事故予測のソフトウェア:Heart Risk View. 北陸循環器核医学研究会 金沢・2007.1.20 2007.1.20
  11. 中嶋憲一 ESPER: 心筋シンチグラフィの読影のポイント. Educational Seminar of Myocardial Perfusion Imaging (ESPER) 東京 2007.2.10 2007.2.10
  12. 中嶋憲一. 心疾患リスク評価の重要性:心事故リスク評価と予後推定. New Town Conference 神戸・2007.2.17 2007.2.17
  13. 中嶋憲一. 心筋SPECTでviabilityがどこまでわかるか. 99mTc-MIBI心筋シンチグラフィによる心筋viability評価研究会 神戸・2007.3.14 2007.3.14
  14. 中嶋憲一. 心臓核医学検査の有用性:信頼できる情報を提供するために 第15回徳島核医学研究会・第24回徳島核医学技術勉強会 徳島・2007.4.21 2007.4.21
  15. 絹谷清剛 . 一緒に治療やらんまいけ(しましょ)! 道北核医学セミナー 旭川・2007.5.11 2007.5.11
    内用療法:他科医師にから意見を求められたらどう答えますか? 絹谷清剛 第7回日本核医学会春期大会 倉敷・2007.5.18-20 2007.5.18
  16. 絹谷清剛. FDG-PETの使い方 クリニカルカンファレンスセミナー 金沢・2007.4.28 2007.4.28
  17. 絹谷清剛 放射性医薬品を用いたがん診療 1.アイソトープ治療 2.FDG-PET. がん専門薬剤師養成研修 金沢 2007.5.31
  18. 小川数馬、柴 和弘、吉本光喜、鷲山幸信、Nasima Akhter、絹谷清剛 、川井恵一、森 厚文. シグマ受容体を標的とした腫瘍核医学診断・治療に関する基礎的検討 第41回腫瘍・免疫核医学研究会 倉敷 2007.5.20
  19. 中嶋憲一 . 心臓核医学による予後評価:J-ACCESS研究を診療に活かす. 心臓核医学講演会 久留米・2007.5.24 2007.5.24
  20. 絹谷清剛. MIBG内照射療法ガイドライン. 悪性褐色細胞腫ワーキンググループ 第3回研究会 東京・2007.6.16 2007.6.16
  21. 絹谷清剛. RI内用療法の実践とガイドライン. 第47回日本核医学会学術総会 仙台・2007.11.4-6 2007.11.5
  22. 中嶋憲一. 心臓核医学における定量解析法の進歩. 心臓核医学ミッドサマーセミナー 大阪 2007.08.11 2007.8.11
  23. 絹谷清剛. PETでなにわかるがけ? 金沢整形外科セミナー第8回夏期学術講演会 金沢 2007.8.23
  24. 絹谷清剛. 今できるアイソトープ治療.  敦賀市立病院 敦賀市立病院 2007.10.9
  25. 絹谷清剛. 骨転移性疼痛に対する89Sr内用療法の意義. 第12回東海腫瘍核医学研究会 名古屋 2007.10.6
  26. 絹谷清剛. 骨転移性疼痛に対する89Sr内用療法の意義. 第14回富山県臨床核医学研究会 富山 2007.10.12
  27. 絹谷清剛. 悪性腫瘍内照射療法の治療効果増強に関する考察. 金沢医科大学放射線診断治療学教室同門会 金沢 2007.10.20
  28. 絹谷清剛. がん診療. PETあるなしで大違い. 北國健康生きがい支援事業 金沢 2007.8.19
  29. 中嶋憲一. 心臓核医学検査を定量的に読む. みちのく核医学の会 仙台 2007.9.28 2007.9.28
  30. 中嶋憲一 九州地区心臓核医学地域別研修会・講師のための講演会. 心臓核医学地域別研修会 2007.10.5 2007.10.5
  31. 河野匡哉、瀧 淳一、中嶋憲一、絹谷清剛. QGSプログラムによる左室容積、駆出分画、局所壁運動量、局所壁肥厚率の日本人の正常値:ヨーロッパ人との比較 日本核医学会学術総会 仙台、2007.11.4-6 2007.11.4
  32. 中嶋憲一、松原孝祐、Akhter Nasima、奥田光一、米山達也、滝淳一、絹谷清剛、石川丈洋、細谷徹夫、寺岡悟見、本村信篤 (金沢大学バイオトレーサ、フジフイルムRIファーマ、東芝). MIBG取込の標準化に関する提案:2エネルギーウィンドウ法と自動処理ソフトウェアの検討 日本核医学会学術総会 仙台、2007.11.4-6 2007.11.4
  33. 松原孝祐、中嶋憲一、本村信篤、石川丈洋、前田 遼、Akhter Nasima、奥田光一、山田正人、絹谷清剛 (金沢大学バイオトレーサ、フジフイルムRIファーマ、東芝). I-123 MIBG定量における2および3エネルギーウィンドウ法の補正効果ー心縦画比校正用ファントムによる検討 日本核医学会学術総会 仙台、2007.11.4-6 2007.11.4
  34. 中嶋憲一. ワーキンググループ最終報告:日本人における心筋SPECTデータの標準化 日本核医学会学術総会 仙台、2007.11.4-6 2007.11.6
  35. 中嶋憲一. 第47回核医学会学術総会ハイライト:心臓. 日本核医学会学術総会学会教育講演 仙台、2007.11.4-6 2007.11.6
  36. 奥田光一、中嶋憲一、米山達也、瀧 淳一、絹谷清剛、細谷徹夫、石川丈洋、寺岡悟見. 心筋SPECTにおける血流欠損の定量的スコアリング方法 日本核医学会学術総会 仙台、2007.11.4-6 2007.11.4
  37. 絹谷清剛 131I-MIBGによる悪性神経内分泌腫瘍の内用療法ガイドライン. 第47回日本核医学会学術総会 仙台・2007.11.4-6 2007.11.4
  38. 横井香織、越野みつ子、 野由記子、芳野千里、絹谷清剛. 小児131I-MIBG治療を受ける患児への看護の実際. 第47回日本核医学会学術総会 仙台・2007.11.4-6 2007.11.5
  39. 滝淳一、隅屋寿、樋口隆弘、土屋弘行、道岸隆敏、絹谷清剛. 悪性骨軟部腫瘍の術前化学療法のTc-99m-MIBIによる早期効果判定の検討 日本核医学会学術総会 仙台、2007.11.4-6 2007.11.5
  40. 滝 淳一. 45分でわかる心臓核医学の概要. 北陸地区『日本心臓核医学会地域別教育研修会』 金沢、2007.10.20 2007.10.20
  41. 奥田光一、中嶋憲一、Akhter.N、萱野大樹、福岡 誠、米山達也、瀧 淳一、絹谷清剛. gated SPECTにおける壁運動と壁厚肥厚率の標準値. 日本心臓核医学会学術大会 品川、2007.06.16 2007.6.16
  42. 奥田光一、中嶋憲一、Akhter.N、萱野大樹、福岡 誠、米山達也、瀧 淳一、絹谷清剛. gated SPECTにおける壁運動と壁厚肥厚率:正常な心機能患者による標準の作成 日本核医学会中部地方会 金沢、2007.06.30 2007.6.30
  43. 萱野大樹、中嶋憲一、絹谷清剛. Heart Risk Viewを用いた非心臓動脈疾患患者の予後予測 47回日本核医学会学術総会 仙台  2007.11.4
  44. 絹谷清剛. 役に立つかな? RI治療. 放射線診療研究会 東京・2007.12.10 2007.12.10